スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | - | by スポンサードリンク

久々のベビーシッター&お手紙

今日、本当に久々にベビーシッターさんに来てもらって、家で保育してもらいました。

初めて利用するところだったのですが、何事もなく無事、終わりました。

以前は、電気のつけ方を知らせなかったため、夕方になって暗くなって、シッターさんが困ったということがありましたが、今ではもう、何でも、ちぃが教えてくれます。

朝早く来てもらったとき、私が説明している側から「ちぃくん、教える」と言って、ちぃが説明してました

おしっこも頑張って、シッターさんのいる時間には全てトイレでしたようです。
でも、シッターさんが帰った途端、オムツにおしっこしてしまいました

ちぃなりに頑張って「お兄ちゃん」になっていたのが、緊張の糸がほどけたみたい
オムツにおしっこするのは、どうやら甘えの表現なのかな、と思いました。
「抱っこ」をせがむことも、再三。


おばあちゃんからのお手紙

おばあちゃんからちぃへ、お手紙(葉書)です。
ちぃに、はじめてのお手紙が届きました。

まだ、手紙がなんなのか、よく分かっていませんが、イラストの子を「これ、ちぃくん?」と自分だと思って、見入っていました。

まだ、自分では読めないちぃ。
いつお返事が書けるようになるのか…
楽しみに待ちたいと思います

またまたベビーシッターさん

今日もまた4月に引き続き、ベビーシッターさんにお願いして、保育園へのお迎え&3時間弱の保育をしてもらいました赤ちゃん

月に2回ほど、仕事の都合で私も夫も保育園が閉園する7:15までにお迎えに行くことができないので(帰りが8時前後)、区のファミリー・サポート・センターという制度を利用して、近所の方に保育をお願いしています。

こういう日に熱でも出されて、途中で呼び出されたら、ファミ・サポさん(と保育園では呼んでますたらーっ)の予約も当日キャンセルになり、迷惑をかけてしまいます。

幸い、今日はそういうことはなく、予定通りに運んで、よかったよかったラッキー

本当は毎回、同じシッターさんに当たるといいのですが、そういうわけにもいかず、違う方になることもあります。

最近は、ファミ・サポさんでサポートしてくれる人材として登録されたばかりという、シッター初心者の方に数度、お願いすることが続いてます。

ちょっと不安な面もありますが、子どもには、何でも言うことを聞いてくれるおばあちゃんが一人増えたというような感じで、シッターさんの方が振り回されているような感じも…ひやひや

お迎えに行くと、ちぃは元気にはしゃいでいる最中で、食事もモリモリ食べたということでした。

8時半ごろ、帰宅し、それからお風呂の支度をして、お風呂に入れ、寝かせると、かなり遅くなってしまうので、ちぃにはかわいそうだし、我々もとても疲れてしまうのですが、
今年は毎月2回、こういう日があります。

頑張らねばワッ!

シッターさんのお迎え&お世話

今日はベビーシッターさんに保育園までお迎えに行ってもらい、シッターさんの家で2〜3時間、ちぃのお世話をしてもらう日。

私もお父さんも、今年は木曜日が隔週で、保育園が預かってくれるギリギリの時間のPM7:15以降にも帰れないので、シッターさんを頼むしかない。

でも、今日は朝からあいにくの雨で、お迎えもヤッカイな形になってしまいました[:がく〜:]

しかも、この頃、知らない人にはちょっとだけ人見知りのような表情や態度を取り始めたので、約一年ぶりのシッターさんの顔も家も忘れてしまって、怯えるんじゃないかと心配していたのですが…

案に相違して、シッターさんにもニコニコでお出迎え。
嬉しそうにベビーカーに乗って、シッターさんのお家へ行き、ご飯を食べさせてもらい、いっぱい遊んでもらってご機嫌のところへ、お父さんがお迎えに行ったそうです。

なんにも心配いらなくて、ちょっと拍子抜けたらーっ

いつもながら苦笑するばかりですたらーっ

保育園→シッターさん宅という形が成功だったので、二人して遅くなることが多い土曜日も、こういうスタイルを取ろうかなおはな

半日、ベビーシッター☆

久々に、ベビーシッターを利用しましたポッ

区のファミリーサポートセンターという制度で、近所の方に子どもの面倒を見てもらうもの。

午後から夫婦ともに用事があり、帰りもかなり遅い時間まで預かってもらう必要があり、利用しました。

午後2時〜8時。
お迎えに行く時間は、いつもならお風呂に入る時間。

お昼寝してくれていれば、お風呂がいつもより遅くなってもいいかと思っていたのですが―

お迎えに行ってみると、今日もやっぱりハイテンションでノリノリで過ごし、全くお昼寝をしなかったそうですひやひや

公園で遊び、シッターさんのお宅で、見慣れない、いろいろなもので遊び、シッターさんにたくさん遊んでもらい、疲れ切っているはずなのに、ニコニコで出迎えてくれました。

急いで家に帰り、お風呂の準備をしてお風呂に入れ、寝かしつけようとしたら―

パジャマを着せている最中に夢の中に落ちていきましたたらーっ

やっぱりねイヒヒ
眠いなら、寝ればいいのに…。

久々のベビーシッター☆

おじいちゃん、おばあちゃんに先週末、泊まりに来てもらうことが決まったあと、しばらくしてから、休日の今日も夫婦して一日仕事であることが判明。

スケジュールを二転三転するにはギリギリの時期に来てしまっていたので、急遽、区のファミリーサポートという制度を利用して、ベビーシッターさんのお宅でちぃを見てもらうことになりました。

朝7時から夜7時まで、12時間ものあいだ面倒見てもらえる人が見つかるかどうか心配だったのですが、なんとか近所で見てくれる人が見つかりました。

朝早くにちぃを起こして朝食を食べさせ、7時にシッターさんのお宅に連れていきました。

自分からトコトコお宅に上がって、「早く中へ入って遊ぼうよ」とばかりに玄関先で我々と打ち合わせしているシッターさんを呼び、我々に元気にバイバイするちぃたらーっ

お昼寝も、はじめてのお家だというのに、3時間も寝る図太さひやひや

ご飯も、昼食、夕食、全て完食モグモグ

手間がかからず、ご迷惑をおかけすることもなく、首尾よく預けることができましたわーい

やっぱり家でのヤンチャぶりは内弁慶なのか、外づらがいいというか、だんだんちぃの性格がはっきりしてきたみたいですたらーっ

久々にベビーシッター

今日、ちぃは保育園を休ませて、ベビーシッターさんをお願いしてみました。

これまで、数回、区でやっているベビーシッターさんをお願いして、シッターさんのお宅で預かってもらう、というのを利用したことがありました。

でも、今回は、民間(なので、入会金とか払った挙げ句、利用料も高め)のベビーシッターさんをお願いして、家に来てもらって、我々親が留守の間、ちぃのお世話をしてもらいました。

区の方のでも、家に来てもらうことはできるのですが、時間の融通が利かないので、我々の仕事柄、ちょっと悩みどころではありました。

10月に私が3〜4泊の出張に出るのですが、その間、お父さんがちぃの送り迎え。
でも、その間、どうしても1日だけ、お父さんは外せない仕事があって、帰る時間も読めないという日があります。
で、時間の融通の利く(延長利用ができる)シッターさんを派遣してくれるところがあることが分かり、利用してみることになりました。
今日は、そのときのための予行演習。

私たちも、知らない人に留守を頼むという経験をしたことがなく、どんな感じなのか、経験しておきたくて、比較的、時間に余裕のある今日、利用してみたのです。

ちぃは、シッターさんを見るなり、ニコニコと近づいていき、人見知りせず、私たちが出かけるときも、後追いで泣くということもなく、とても快適に預けることができましたおてんき

問題は睡眠。
保育園で、いつも寝ない・眠れないというので、家にいて、はじめて会ったシッターさん相手に、どこまで興奮して眠れなくなるのか、はたまた眠れるのか、全く未知数。
でも、結果は、1時間半、眠ってくれましたおてんき
しかも、いつも私たちがやるように寝かしつけてくれたおかげで、すぐに寝たそうです。

(いつも、どうやって寝かしつけるかというと、指をチュパチュパし始めたら、眠いのサイン。これをし出したら、ベビーベッドに置いて、すぐに部屋を出て姿を消す、です。ちょっと「うわーん」と泣くことはあるけど、すぐに泣かなくなり、自分で寝る努力をはじめます。ぼんやり、うだうだ、ゴロゴロして、いつの間にか寝る、という感じ。このうだうだ、ゴロゴロのときに、私たちが姿を見せると、遊ぼーとなって、ムクムクと起き上がって、立っちして、寝ることを忘れてしまうんです。保育園で寝ないのは、つねに周りに人がいて、一人で寝る環境にないから、かもしれないです。)

シッターさんに、「手がかからなくて、楽ですねー」と言われてしまいました。

川の字で寝るというのをやってみたかったのですが、ベビーベッドで寝る習慣ができてしまったちぃには、川の字の方がかえって眠れないかも?!



今週、月曜、火曜と、ちぃは元気に保育園に行って、熱も上がらず、水遊びもしました。
今週は比較的、元気みたいですおはな

1日ベビーシッターさんと

今日は、区のファミリー・サポート・センターという制度を利用して、ベビーシッターさんにちぃを預かってもらう日

前回と同じように、午前中に2回の離乳食をすまして、午後から預かってもらうときに、ミルクだけでいいようにしようと思っていたのに、午前中、計画通りにいかず、離乳食1回のみになってしまった泣き顔

だから、2回目の離乳食はちぃを引き取ってから、遅い時間になってしまうけど、あげることにしました。

預けに行ったとき、シッターさんに抱っこされながら、ちぃは私を見送ってくれたけど、シッターさんは、あれ〜? 泣かないね〜と驚いてましたたらーっ

そう。家でも、私の姿が見えないからといって、泣いたりせず、一人遊びしているような子なので、シッターさんに預けても平気なんですひやひや

でも、さすがに迎えに行ったときには、あ、知ってる人だワッ! というような喜びの表情が見えたので、ホッとしましたポッ
声の出し方も、さっきまでと違うとシッターさんに言われたし。

う○ちもシッターさんちでは出ず、お○らばかりだったらしいのですが、家に帰ってきた途端にう○ちしてくれましたひやひや
一応、ちぃなりに神経を使ってたのかしらおや?

シッターさんちにいるあいだにお昼寝というものを30分しかしなかったらしく、あとは興奮して起きて遊んでいたらしいので、帰ってきて、オッパイと離乳食とお風呂と、全て終わったら、秒殺で寝てましたたらーっ 


ところで、昨日、フジテレビから電話がかかってきて、びっくりしました。

都知事選に関するアンケートということで、今度の選挙には行きますかとか、誰に投票しますかとか、あなたは無党派層ですかとか、今度の選挙の争点は次のうちどれだと思いますかとか…。

いくつかの選択肢から選ぶものと、自分で答えるものとあって、最後には、私自身の職種とか年齢とか、選択肢のなかから選んで答えさせられました。性別は率直に答えました。

こういうの、ときどき、選挙前にそれぞれのテレビ局で、たま〜にやってますよね。
○○テレビの独自のアンケートによるととか、電話で任意の人にアンケートを取ったところとか、よくやってるあれです。

これが選挙当日になると出口調査とかいうものになるのかなぁ。

ちょっと、なかなか出来ない体験ができて、面白かったデスあっかんべー

何が見えたかな?

ちぃは紙袋を器用によけて、何やら発見した模様。
紙袋の向こうにく〜りんがいるのですたらーっ
紙袋で隠してみたのですが、さすがにいないいないばあの遊びができるだけあって、記憶力があるみたいで、紙袋にだまされませんたらーっ

ディナー
1食目
あずき、そら豆のパンがゆ
ほうれん草、かぼちゃ、しいたけ、タマネギのスープ
いちごヨーグルト

2食目
あずき、かぼちゃがゆ
ほうれん草、タマネギ、しいたけのスープ
チーズいちご

2食とも完食。
2食目は8時すぎちゃってましたが、問題なく食べて、お風呂入って寝ました。
もうちょっと、早い時間に食事させないとなぁ[:がく〜:]

ベビーシッターさんちで…

今日は、ベビーシッターさんのお宅でちぃを預かってもらい、夫婦でお出かけしました。

お出かけと言っても遊びではなく、二人で関わっているある勉強会に出席するためでした。

今日はお父さんが主役だったため、二人で出席することになったのです。

午後からだったので、午前中と正午に離乳食をすませ、ベビーシッターさんにはミルクだけ預けておけばいいようにしておきました。

読書するちぃ

お出かけ前に、難しい本を読むお父さんの膝で、一緒に本を眺めるちぃです。
心なしか、ちぃの表情も難しい顔になっている気がしますたらーっ

会が終わって、私だけ一足先に帰って、ちぃを迎えに行くと、ちょっとぐずぐずモードのちぃ。
お腹が空いているか、眠いかのどちらか。

実は、ちぃはまだストローマグではそんなにうまく飲めず、哺乳瓶は嫌いで最近、使ってなかったので、どうなるかなぁと心配だったのですが、ストローマグで80cc飲んだだけだそうでした。

と言っても、いつも私が離乳食のあとにマグを使って飲ませると、80ccも飲まないだけに、そんなに飲んだかワッ!と驚きました。

帰ってきて、すぐに授乳して、お風呂が沸くのを待っているあいだに、ちぃは速攻で眠ってました。
だから、お腹がすいていたのではなく、眠かったのでしょう。
お風呂から出たあとも、速攻で眠ってましたたらーっ

ちぃにとっては、知らないおうちで、慣れないおばさんと一緒に過ごして、刺激が強くて、疲れていたのかもと思いました。

それでも、いい子にしていてくれたみたいで、手のかからない子だったわ、と言われました。
よかったよかったおはな
この分なら、保育園にもすぐに慣れてくれそうです。

ディナー
1食目
さつまいも、なすがゆ
ささみ、ほうれん草、キュウリ、タマネギのスープ(和風だし)
チーズみかん

2食目
なすのパンがゆ
さつまいも、タマネギ、ブロッコリーのスープ(和風だし)
りんごヨーグルト

1食目は全体にあまり食べなかったけど、2食目はたくさん食べてくれました。
それでも、完食にはならなかったのは、作りすぎたのかな。

今日で、いろいろ一度に食材がなくなったので、帰宅後、ちぃが寝ついたあとに、急遽、離乳食のストック作り。
そんなに食材がないので、まだまだ足りない。
明日もちょっと買い足して、また作らなくちゃよつばのクローバー

はずれのベビーシッター

今日は、二度目のベビーシッターさんに預ける日。

こないだとは違うベビーシッターさんで、事前打ち合わせで顔を会わせたとき、ちょっと問題を感じる人だったけど…、案の定でした…ノーノー

ちぃを預けるときは特に問題もなく預けることができ、そのまま私は出かける予定の場所へ直行。
そこで3〜4時間過ごし、帰宅。

ちぃをシッターさん宅へ迎えに行くと、「いい子だねぇ、こんなに泣かない子は珍しい」と言って誉めてくれました。
それはいいのだけど…ノーノー

母乳とかミルクはどうしたかと聞くと…
母乳は40mlしか飲まず、あとはミルクを120ml飲んだとのこと。
しかも、「母乳は嫌がって飲まない、ミルクが好きみたいよ」と言うのです。

母乳育児にこだわって母乳を搾乳して渡している母親に向かって、なんてことを言うのだろうと絶句。

「え〜母乳をこのまま嫌がって飲まなくなったらどうしよう」と私が言うと、
「オッパイから直接なら飲むわよ」とか言うのです。

嫌がるとは一体どういう様子で嫌がったのか、詳しく聞いてもちゃんと答えてくれず、とにかく嫌がったとしか言わないし、二度目のミルクのとき母乳を与えても飲まずに全く無駄になったのか、と聞いてもちゃんと受け答えしてくれず、要領を得ない会話に終始してしまいました。

母乳はどうしたのかもよく分からない。
なんとなく、話から、とにかく全部処分したのかなあと思って聞いていました。

ちぃは、生後一ヶ月のとき、おしりにおできができて、切開してうみを出して以来、ずっと座浴をしているので、そのことを話して座浴をしてくださいとお願いしていたのですが、う○ちのことも報告なし

う○ちを1回したことだけは聞いたけど、どうしたのかは言わず。
こちらもなんとなく突っ込んで聞かずに帰ってきてしまいました。

帰宅して荷物を開いてみると、なんと預けた母乳の半分が手つかずのまま、未開封の状態で入っているのですワッ!
母乳は、四日間、搾乳したので、4つの母乳パックを持っていったのですが、そのうちの2つが未開封で返却されていたのです。

たぶん、開封して使った2つの母乳パック90ml分は、最初にちぃに飲ませるときに、一度に哺乳瓶に入れたのだろうけど、そのとき40mlしか飲まなかったから、勝手に母乳は嫌いなのだと判断して、二度目の授乳のときには母乳パックを開けもせずにミルクをあげたのではないか…。

四日間、毎晩毎晩、一生懸命、これをちぃが飲むんだと思いながら、がんばって搾乳したものなのに、少しでもたくさん搾れるように、あと五分、あと五分とねばって搾乳したものなのに…。

簡単に母乳は嫌いなのねと言って、使いもせずに(解凍だけされてた)、ミルクを気軽にあげてしまうなんて…。

なんだかいろんな思いを踏みにじられたようで、ホントに脱力したというか、落胆というか、説明しようのない、いや〜な気持ちになってしまいました。

たぶん、う○ちも座浴はせず、おしりふきで拭いただけに違いない。

もう、絶対、あのシッターさんには頼むまい。

ちょっと大きくなった子を預けるにはいいシッターさんかもしれないけど、デリケートな乳児はあのシッターさんには向かないよ。

おまけに、別れ際には、また別のお母さんの個人情報を名前まで言いながら、こんな話をするのです。

「母子家庭でお母さんが働いていて、子どもが病気のときでも、仕事が休めないお母さんのために、その病気の子を、区を通さずに預かったりもしてるのよ、あなたもそういうときには利用してちょうだい。」

子どもが病気だと保育園も預かってくれないし、区の、このベビーシッターの制度も、責任が生じるから病気のときだけはダメということになっているので、区を通さないで個人的に預かってくれる人がいるというのは、いざというとき、とても心強いとは思う。

思うけど、そういう便利な自分というものを売り込んだり、他の方の個人情報をべらべら実名で話したり、母乳育児にこだわる母親の気持ちを踏みにじるような人に、私はもうあまり近づきたくないよ、正直。

お父さんいわく、
「古い人で、制度とか規約とかどうでもよくて、ただ単純に、子どもを預かってやってる、くらいの気持ちで、この仕事をしているのだろう。はじめてお願いした方と、今度の方と、ある意味で、両極端な二人に当たったんだね、きっと。」

本当にそうかもしれない…。

でも、金銭が発生している以上、やはりちゃんとプロとして仕事をしてくれないと、預ける方も安心できません。

シッターさんに、最初は特に注文などなかったのだけど、こういう経験を通して、注文というものが出てくるものなのね、と思った一日でした。はぁ困惑



無駄にされてしまった母乳だったけど、一応、搾乳についての報告。

30、40、50、60mlずつ、搾れました。

搾る時間帯も違っていて、夜中よりも朝方の方がよく出るような気がしました。
長時間、外出していたため、胸がかなり張ってきていたので、シッターさん宅にちぃを迎えに行く前に、一度、家に帰って、搾乳してみたところ、かなり搾れました。

正確に計らなかったけど、60ml以上は出ていたように思います。

そのまま続ければまだまだ出そうだったけど、とりあえず張りがなくなったので、やめました。

これは、母乳がたまってたから搾れたというよりも、夕方の時間帯がよく出るのではないか、という気がします。

ちぃが普段、この時間帯にはよく飲んでいるということなのかも?!

二度の外出、ベビーシッターさん、そして腕輪?

今日は、こないだ買った家具やら家電やらが新居に届く日で、朝からバタバタしてしまいました。

それぞれ、バラバラに届くので、新居に行って待機していなければならず、取りつけの時間も含めると、長時間、ちぃと一緒に待機することになり、それはどうしても避けたくて(授乳とか人前ではちょっとねぇ)、今日だけ出勤時間の遅いお父さんに、午前中は行ってもらって、お昼頃から交代する予定でいました。

しかしワッ!
実は明後日、またまたベビーシッターさんに預けることになり、今日、事前の打ち合わせに、午前中のうちに、シッターさんのお宅に行くことになってしまいました。

ちぃを連れてシッターさんのお宅に行ったあと、新居に行き、業者さんが誰もいなかったので授乳しながら、次の業者さんが来るのを待ちました。
次の業者さんというのは、エアコンの取りつけの業者さんで、結構長いことかかるということなので、業者さんに留守を頼み、一旦、帰宅してしまいました。
不用心だったかなおや?

作業が終わる夕方に連絡をもらって、またまた新居へ。
新居まで二往復し、かなり疲れてしまった泣き顔

ベビーシッターさんは、こないだ見てもらった方がとてもいい方だったのに比べると、うーん…。

今回の方は年配で孫もいるという方。
保育自体を任せることに不安はないのですが、ちょっといろいろとおしゃべりしすぎで困ったなぁという感じ[:がく〜:]

区へ提出する書類を、事前打ち合わせのときに書くのですが、別の人が書いた書類を何枚か、平気で私に見せるのですひやひや
個人情報とか秘密の厳守とか、この育児支援の制度の規約に書いてあるのにぃ〜ひやひや
私のも人に見せるんだろうなぁと思うと、ちょっとね〜たらーっ

しかも、この方は乳児を預かることがなく、基本的にミルクのいらない幼児ばかりを預かっていて、ミルクの量とか消毒の仕方とか、こちらで説明しなければならない。
最も不安なのは、この点かな。
やっぱり普段から預かり慣れている方に見てほしいものです。

預けるのに、いろいろとうるさいことを言うことなど、私はないと思っていたけど、相手のシッターさんに応じて、いろいろと注文は出てくるものなのねひやひや
けっして悪い人ではないんだけど、うーんという感じです。

夕飯後は、疲れて仮眠をしてしまいました。
その後、ちぃの様子を見ると、なんとワッ!
自分の左腕に、ニギニギするための輪っかのオモチャを通して、腕輪状態になっていましたびっくり

最近は、オモチャを握ることが多く、服も握ってはだけてたりするので、ベビーベッドのちぃの横に、オモチャをちょっと並べておいたら、自分で触って遊ぶだろうと思っていたら、写真のような状態に。

どうやって、こうなったのか、見てなかったので分かりませんが、お父さんと二人で喜んでしまいましたおてんき

腕輪をするちぃ?!

腕輪をしてますイヒヒ

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

お気に入りグッズ

お気に入りグッズ

お気に入りグッズ

お気に入りグッズ

ぽぱーぺ ぽぴぱっぷ
ぽぱーぺ ぽぴぱっぷ (JUGEMレビュー »)
おかざき けんじろう,谷川 俊太郎

お気に入りグッズ

まり
まり (JUGEMレビュー »)
広瀬 弦,谷川 俊太郎

お気に入りグッズ

んぐまーま
んぐまーま (JUGEMレビュー »)
谷川 俊太郎, 大竹 伸朗

お気に入りグッズ

最近の記事

記事の種類

過去の記事

コメント

トラックバック

ブログ内検索

書いてる人

リンク

その他RSSなど

いくつになったの?


*script by KT*

アクセスカウンター

携帯でも

qrcode

ブログ元

無料ブログ作成サービス JUGEM

sponsored links