スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | - | by スポンサードリンク

父母会役員の集まり

午前中、保育園の父母会の役員の集まりがありました。

区の家庭支援センターの一部屋を借りて行うので、外には子どもが遊べる庭もあります。
ちぃを外で遊ばせながら、参加しました。

旧役員から新役員への引き継ぎや、新しい代表・副代表などを決めるミーティングなのですが…

なかなか決まらず、結局、日を改めて決め直すことに。

「自分は他の係を引き受けたから欠席してもいいか」とか、
「最年長クラスは係を引き受けなくていいことになっているから欠席してもいいか」とか、
旧代表のお父さんに聞かれても、というようなことを問い合わせてきて、言葉も出ない。

新役員のみんなで決めることなのに、旧代表の意向を伺うなんて…

みんな何かちょっと間違えてるような気が…

しかし、実はお父さんも教育者のオーラを出していて、それがみんなに伝わってしまったのかも

まだまだ、旧代表の仕事から解放されないお父さんです

保育園の面談

今日は保育園の保護者面談の日です。

多忙のため、私は行くことができず、お父さんに行ってもらいました。

ユニークで、ちっとも大人しくないちぃは、保育園では周りの子がちぃの真似をしているとのこと。
一方で、親の目から見ていると、そんな騒がしいちぃを遠巻きに引き気味に見ている女の子たちも

保育士さんの目から見ていると、ちぃは、お父さんには保育園でのいつも通りのちぃくんなのに、お母さんにはそうではないというのです。
私に気をつかっているというか、遠慮しているように見えるというのです。

持病のある私は日頃から、ちぃに「乱暴しないで」と言い聞かせているので、そのせいです

でも、ちょっと言い過ぎかも

今年の春頃から、強いクスリを使って治療を始め、その副作用で免疫や体力が落ち気味。
走るのも、自転車に乗るのも、ちぃを抱っこするのも、避けたい毎日。

ちぃが走っても追いかけられない。
最近では、ちぃは小走りにちょっと走っては後ろを振り返り、私がついてきているか確認。

保育園の送り迎えは基本的に歩き。
「お母さんは自転車に乗れないんだよね」と、僕知ってると言わんばかり。

保育園の送り迎えのときには荷物が多く、抱っこはNG。
「抱っこ〜」とせがんで、荷物に気づくと、やめてくれます。
その代わり、日曜のお散歩のときには、荷物を持っていないことを確かめてから、「抱っこ〜」とおねだりするので、私もちょっとシンドイのですが、抱っこしてます。

こうして書き出してみると、なんだか泣けちゃう話ですね。

でも、これが普通になっていて、私も、こういうちぃの気遣いに正直、助かってます。

お父さんには、思い切り、体当たりで遊んでもらい、私には手足が間違ってぶつからないように手加減するちぃ。

来年度、休職しようかなと考えてます。

そうしたら、もう少し、ちぃと元気に走り回って遊んであげられるかも

保育園の父母会の集まり

今日は、保育園の父母会の集まりの日。

秋のバザー開催に向けて、世話役の人たちでのミーティング。

近くの、区の施設を利用して、子どもを遊ばせながら、集まりました。

お父さんが父母会の代表なので、司会進行などはお父さんに任せ、私はちぃを見ながら、話を聞いてました。

代表を決めるときに、なかなか話がまとまらなかった今年度の父母会の世話役の面々。
今日も、話が停滞するかと思っていたら、案外、スムーズに進んで、1時間もかからずに終了。

休日で、みなさん、早く帰りたそうにしていたので、よかったみたい

しかし、バザーの開催日は、我々が仕事の日で、バザーに参加できない日
これでいいのかな、と思いながら、みなさん、協力してくれるということで、その日に決定。

みなさん、当日は、よろしくお願いいたしますねー

保育園の父母会

今日は、保育園の父母会の総会の日。

私は仕事で行けなかったのですが、お父さんが会長を引き受けたこともあり、お父さんとちぃとで参加してきたようです。

前年度の会計報告や、一年間の行事の説明、新会長、副会長の紹介などで、30分程度で終わったそうです。

無事、終わったあとは、前年度の会長さんとの引き継ぎ。

それも問題なく終わって、これからはお父さんの会長の仕事の始まり始まりポッ

一年間、よろしくお願いしまーすウィンク

保育園の父母会

今日は保育園の父母会の集まりがありました。

4月に、ちぃのクラスの今年度の父母会の役員となり、今日、なんと父母会の代表になってしまいましたひやひや

父母会の集まりは、年間を通して土曜日に集まることが多く、毎週土曜日にちぃを保育園に預けている身では、代表の仕事は引き受けにくいのですが、他のお母さんたちは誰も名乗りを上げず、結局、うちが引き受けることにひやひや

とは言っても、名前も大方の仕事も、専らお父さんにメインで動いてもらうことにしましたたらーっ

一番のネックは保育園側との折衝。
園長や副園長格のような保育士さんたちから、父母会は嫌われているものなので、折衝や連絡、苦情の聞き取りなどをするとなると、イヤな思いをするもの。
でも、パパさんだと、保育園側も対応がゆるやかになる傾向らしく、これまでもパパさんが代表や副代表になることが多かったという話です。
なので、今回、お父さんが代表になることにイヒヒ

父母会が行う仕事は、年会を通して3つの行事だけ。

 夕涼み会でゲームコーナーの出店
 秋にバザーを開催
 卒園式で卒園児たちにお祝い品の贈呈

昔はもっといろいろやっていたらしいけど、働くママさんたちにはシンドイということで、ここまでに減ったらしいです。

これだけでも大変は大変でしょうけど、まあなんとかやっていきたいと思います。

集まった場所は区の家庭支援センター。
他の子どもたちとママさんたちが大勢、遊ばせに来ていて、私たちの集まりのママさんも子どもを遊ばせながらの参加。
我が家も、ちぃを外で遊ばせながら、二人で参加しました。

炎天下、帽子も被らずに遊んでいたちぃは、ミーティングが終わる頃に戻ってくると、暑さで顔を真っ赤にして、泥んこになっていましたたらーっ

熱中症になっていないかと心配になり、そそくさと帰ってきました。

ちぃにとっては、保育園で知っているお友達と、いつもと違う場所・違うオモチャで遊ぶことができて、遊びを満喫したようです。

また、ときどき遊びに行こうねウィンクよつばのクローバー

保育園の情報交換

昨日、運動会のあと、お弁当持参拒否組のママたちとたらーっ、外食しました。

当然のごとく、保育園の情報交換の始まりです。

保育園では、基本的に、保育園について親切には教えてくれないものだということで、上の子をはじめて入れたママも、私がこのブログで書いてきたように、いろんなことが分からないことだらけで、戸惑っていたらしい。

そして、いろいろ話しているうちに分かってきたことは、人によって、保育園から言われていることが違うということですワッ!びっくり

トビヒ疑惑?

ここのところ、手の湿疹がヒドイちぃ。

先週の金曜日に、皮膚科に行ったら、トビヒになりかけていると言われ、塗り薬と飲み薬の毎日。

日曜に熱がちょっと高かったせいもあり、昨日の月曜日は保育園、お休み。

トビヒと言えば、学校伝染病に指定されている感染症。
皮膚科で「もう大丈夫」と言われてからでないと、保育園の方で気にするだろうと思ったのもあって、保育園は休ませ、皮膚科にも診てもらいました。

で、皮膚科医に「もう大丈夫」と言われたので、今日、登園させてみたら…。

保育園では、「ちぃはトビヒだ!!」扱い。

 手は包帯でグルグル巻き。
 お昼寝用バスタオルは洗ってくるようにと返される。
 治癒証明書を渡され、医者の証明をもらってくるようにと渡される。

あの…、大丈夫だって言われたんですけど…ひやひや
見た目にも、キレイなんですけど…ひやひや

実は、今日は保育園に常駐の看護師さんがいない日。
しかも、キレイになってきた患部の、はがれてきた皮をちぃがむいてしまった。

というわけで、皮がむけてしまった患部から感染することを恐れた園長が、大げさな対応をしたらしいです。

今日のお迎えは、お父さんだったのですが、0歳児クラスの担任は申し訳なさそうに「園長判断だったんで」としきりに繰り返していたらしい。

公立の保育園で、以前から杓子定規な対応をする保育園だなあという印象があって、公立だからだと思っていたのですが…。
どうやら、園長自身が杓子定規な人なのかもおや?
(公立でも杓子定規でないところもあるそうです)

まあ、ことはトビヒという感染症なので、大げさに対応しておいた方が、万が一のときのためにはいいのかもしれない。

同じクラスのなかのほかの子が、「トビヒかも」「治ったみたい」という状況で登園してきて、自分の子どもはなんともない状態の親の立場であったら、今回の園長のようなやり方は安心できるのかもしれない。

でもねぇ。
先週の金曜日に「なりかけ」と言われ、すでに四日間も経っていて(トビヒは3〜4日で治るそうです)、月曜(昨日)には「大丈夫」と言われた、という経緯がなかったかのような対応。
まるで、今の今「トビヒ真っ盛り」と医者に言われました的な対応。
「大丈夫」と言ってくれた医者に、改めて治癒証明をお願いしなければならないナンセンス。

保育園の対応も分からなくはないけど、ちょっとばかり母は傷つきましたポロリ

0歳児クラスでは、包帯グルグル巻きのちぃを「ロッキーちぃくん」と呼んで、和んでいたそうです。

こういう保育士さんの遊び心に、逆に救われますポッ

オットマン、おっと〜!

身長、のびたみたいで、以前より、ソファに楽に上れるようになったら…。

テレビに直接さわれないように置いておいたオットマンに乗って、テレビの探索中。

ゾウキンく〜りん♪

おまけのく〜りん。
いつも、おまけたらーっ

体をひねるのが大好きなく〜りん。

名づけて「ゾウキンく〜りん」(byお父さん)

ときどき、この姿勢のまま、本当に床を移動させられ、ゾウキンにされてますイヒヒ

ちぃが真似するから、ほどほどにしといてね、お父さんひやひや

保育士さんについての愚痴

一昨日、まだ本調子でないまま、ちぃを登園させたら、保育士さんに渋い顔され、私もイヤな思いをしたのですが、今日、連れて行くに当たって、また何か言われるんじゃないかと、イヤな予感がしていたのですが…。

案の定でした[:がく〜:]

月曜日に病院で、中耳炎になりかけていて、「すこ〜し赤くなっているけど、大したことない、念のため薬を出しておくけど」と言われていたので、今日のちぃの様子からして、もう大丈夫と思い、沐浴も水遊びも大丈夫と言ったら、「医者の許可がいる、ちゃんと医者に見せてください」って言うし…。

しかも、今、私は、仕事柄、家にいたり、あちこち出歩いたりという生活スタイルに入っていて、職場にはあまり行ってないのですが(なんとかごまかしつつ書いてますが、そろそろ、職業、バレてます? みなさんたらーっ)、それを遊んでいると思っているのか、「余裕があるなら、9時〜4時でお願いします、職探し中の人とか、妊娠中のため、お子さんを預かる場合にも、9時〜4時でお願いしてるんで」って言うのです。

余裕なんか、あるわけないですよ。
別に休職してるわけでもないし、給料はちゃんともらってるし。
「自由業」みたいな仕事への理解ってもんはないんですかね。
サラリーマン、OLしか知らないみたいな対応ですよ、これは。

そもそも、区の保育園では、6時15分までは規定の料金で預かってくれて、それを過ぎるとスポットと言って、7時15分までですが、延長料金が発生するんです。

だから、6時15分までは、文句なく預かってくれるものと思ってたんですよ。
こっちは規定の料金払ってるんだし。

でも、蓋を開けてみたら、0歳児で9ヶ月以前の赤ちゃんは5時までと決まっていて、それ以後の赤ちゃんに対しても、5時が基本で、それを過ぎるかどうかは、保育士さんにとっては大問題らしく、常に5時過ぎるのかどうかをうるさいほどに聞かれます。うんざりするほどです、もう。

それを余裕があるなら4時でって…。

なんだか1時間単位で「値切って」くる感じ。

お金払ってるのに。

4時にお迎えなんて、ちょっと遠いところにいたら、3時過ぎにはもうお迎えの支度に入らなくちゃいけない。

これも、結局、保育士の数が足りてないから、なのかおや?
なんだか、人減らしをしようしようとしているように思えてならない。
実際、5時で保育士さんたちのシフト変更があって、5時以降は遅番ということになっているので、5時を過ぎるかどうかは常に気にして聞いてくるんですよね。
夏休みに帰省や旅行の予定があるなら、それも早めに教えろって言ってきたし、それって、シフト表を作る都合でしょ!?

しかも、4時に迎えに来いとか、5時を過ぎるかどうか言えとか、そういうことを、子どもの体調や生活のリズムとかお昼寝のサイクルとか、崩れちゃったらよくないから、と抜かすんです。
子どもにかこつけてるとしか思えない理由ですよ、これは。
だって、毎日6時15分にお迎えに行っている家の子どもはどう説明するっていうのよ!?

こうなってくると、4時を過ぎるに当たって、いや、今までも5時を過ぎるときには、常に、それを過ぎるのはこうこうこういう理由のためなんでって、いちいち説明しなければならず、当初の「6時15分まで預かり可」というのも、なんだかウソくさく思えてきます。

なんか、入園前と入園後とで、話が違ってる、という感じです。

なんで審査も通って、利用できる権利も獲得して、お金もちゃんと払っているっていうのに、いつもいつも子どもを預けるのに保育士さんの顔色うかがわなきゃならないのか、全くもって理不尽きわまりないこと、この上ないちっ

はーっ、ここに書いて吐きだしたら、すっきりするかと思ったら…

疲れただけでした[:がく〜:]

保育園の民営化ばなしの続き

こないだ参加してきた、保育園民営化に関するシンポジウムを主催したネットワークが運営するサイトがあるので、紹介しておきます。

ほうんネット

このサイトのトップページで紹介されている本など、参考になると思います。

シンポジウムの会場で販売されていたので、私も買ってきました。

民営化のされ方にも、さまざまなタイプがあって、一様ではないので、行政ごとに対応しないとダメなんだなあと思いました。

ちぃが通う保育園は、民営化されるんだろうか…[:がく〜:]

保育園の民営化問題

今日は、保育園の民営化についてのシンポジウムに参加してきました。

私の住んでいる区でも、徐々に公立保育園の民営化の波が押し寄せてきていて、待機児童数0という数値目標のために、保育の質の低下をかえりみない民営化が断行されています。

近隣ではすでに、私立保育園が公立保育園の児童を受け入れることになったところがある一方、少し離れた地域では、今まさに区と保護者が交渉をしているところもあって、今日のシンポジウムは、後者のみなさんで作っているネットワークが主催したものでした。

ちぃが通う保育園も人ごとではないと、ちぃも連れて3人で参加してきたのです。

大学の教授、弁護士、元公立保育園園長、現役私立保育園の保育士などがパネラーになって、それぞれの立場から、それぞれの持つ情報や現状を話してくれました。

とっても勉強になったし、その意味でとても面白かった。
続きを読む >>

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

お気に入りグッズ

お気に入りグッズ

お気に入りグッズ

お気に入りグッズ

ぽぱーぺ ぽぴぱっぷ
ぽぱーぺ ぽぴぱっぷ (JUGEMレビュー »)
おかざき けんじろう,谷川 俊太郎

お気に入りグッズ

まり
まり (JUGEMレビュー »)
広瀬 弦,谷川 俊太郎

お気に入りグッズ

んぐまーま
んぐまーま (JUGEMレビュー »)
谷川 俊太郎, 大竹 伸朗

お気に入りグッズ

最近の記事

記事の種類

過去の記事

コメント

トラックバック

ブログ内検索

書いてる人

リンク

その他RSSなど

いくつになったの?


*script by KT*

アクセスカウンター

携帯でも

qrcode

ブログ元

無料ブログ作成サービス JUGEM

sponsored links