スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | - | by スポンサードリンク

保育園最後の登園

今日は、本当に本当の保育園最後の登園日

実は、今日は登園させない予定でした。
今週は月曜と火曜のみ登園して、火曜日が最後の予定でした。

でも、保育園の方でも最後だから遊びに来たらと誘ってくれます。

火曜日に一旦、お別れしたのですが、結局、今日も登園しました。
かつて、家で保育するように何度も何度も言われ続けたのに―
最後ともなると、こんなに違うものなんですね…

ちぃも私もしんみりするのが苦手なタチです。
火曜のときにも、今日も、あまり「お別れ」という感じにならずにさわやかにお別れです。

保育園の門扉の裏側には、先日の卒園式の模様がこんなふうに紹介されていました。



また、保育園の建物の一角には、卒園にまつわる品々が飾られていました。



卒園児たちが残る園児たちに贈った卒園製作の品々。



ままごとのおかし。
紙粘土を丸めて作られてます。



針でチクチク縫った球。
これを下の箱のなかに入れます。



この網の目のなかに上の球を入れて遊びます。
球に縫い付ける布を一針一針、ちぃたち卒園児が縫いました。



ポットンおとし。



敷物のように拡げ、ミニカーなどを走らせて遊ぶシート。
壁に貼ってますが、床に拡げて遊びます。
これもちぃは作ったその日には、家でも同じものを作りたがりました。



保育園の出入り口に飾られていたお花。
卒園おめでとうの文字が、涙を誘います。

これで本当にもう保育園には通わないのです。
淋しく悲しい気持ちになりますが、これからのことを考え、前向きに明るく卒園です。

保育園の先生方、長い間、ありがとうございました。

担任だったお二人の先生とも、異動もなく、まだ同じ保育園にいるということです。
ときどき、ランドセルを背負ったちぃと遊びに行きたいと思います

ドラえもんの映画

今日は、私と二人で、この春のドラえもんの映画を見に行ってきました

この春のドラえもんの映画に合わせて、テレビでは、もともとの金曜日に加え、日曜日にも放映。
ちぃも、毎週2回、ドラえもんが見られて喜んでいました。

映画館へ行こうと言うと、大喜び。
こんなにドラえもん、好きだったっけ と思うほど。



映画館では、上映後、子どもたちとドラえもんとの撮影タイムというサービスがありました。

ちぃも、一緒に撮ってきました

ちぃは、ドラえもんに「ねずみ」と言ってみたそうです。
ねずみが嫌いなのだから、驚いたり、慌てたりするかと思ったそうです。

でも、「中の人」には通じなかった…

順番待ちをしている親子がたくさん、いるので、それどころではないのです。
話しかけられるとも思ってなかったでしょう。
周りにいたスタッフさんに注意されただけでした

まだ、「中の人」とか、本当に分からないのかもしれません。

防災館の悪夢?

先月、池袋にある防災館に、保育園のみんなで見学にお散歩を兼ねて行ったそうです。

防災館には、一度、やはり保育園のみんなで行ったことがありました。
池袋と、保育園の間は、二駅分の距離があります。
それをみんなでゾロゾロ歩いて行くのだから、保育園の先生たちもスゴイです
そして、ちぃは、この長い散歩が大嫌いのよう。
疲れてしまうので、イヤなのだそう。

行きたくない、なんて言っていたのですが―

今回は、「煙体験」というものをしたそうです。
背をかがめて、口にタオルを当てて進むというもの。
「こわいものはサッサとやっちゃおう」と自分から挑戦していたようです。

しかし、その後、この体験がトラウマに

怖くて眠れないと言ったり。
これまで一番怖いものだった地震が火事になったり。
トイレにも行けなくなったり。

そう言えば、以前、防災館に行ったときには「地震体験」をしたのでした。
揺れるトラックに乗って、人工的な地震を体験するというアレ。

防災館の体験は、ちぃにはリアル過ぎて、「備え」としての体験になっていない

なかなか繊細な一面のあるちぃです

三味線の清元☆

今日は、清元という浄瑠璃の一種である三味線音楽を聴いてきました

同じマンションに清元の人間国宝さんが住んでいらっしゃることは以前から知っていました。
1年半くらい前にも、チケットをいただいて聴いてきたことがありました。

今回もまたチケットをいただいたので、家族で行ってきたのです。

浄瑠璃は三味線を伴奏として、太夫が詞章を語る劇場音楽のこと。
太夫の詞章は「歌」のようだと感じてしまいますが、「語り」というのだそうです。
(劇中人物のセリフや仕草、演技の描写をも含むものであるためということです。)

舞台には、左側に太夫が数人、右側に三味線が数人。
中央に人間国宝さんが互いに隣り合わせに、並んで陣取っています。

ちぃにはまだ、こういう伝統音楽の良さが分からないのはしょうがない
10〜15分くらい、なんとか持って、一曲、聞き終えることなく、周りに迷惑を掛け通し。
それでも、せっかくなので、外のモニターで「三味線のおじちゃん」の映像を見ていました。

これまで、ときどき、ちぃは「三味線のおじちゃん」に可愛がってもらっています。
「三味線のおじちゃん」に、三味線の絵を描いてあげたら、
大きな紙飛行機を作って持っていらしたり、
チケットも「おじちゃん」自ら持ってきてくださったのです。
(最初は奥さまの方とお話したりしていたのですが…。)

ちぃは不思議と、おじいちゃんと言ってもいいような年齢の方たちに好かれる子どもらしい。
あちこちに、おじいちゃんやおばあちゃんがいるみたいです。

私ももっと三味線や浄瑠璃のことを勉強して、もっと楽しめるようになりたいと思いました

作曲?

最近、いろいろな音符を覚えつつあるちぃ。
音符を書くのが遊びになっています。

「ケロロ」を「ケロ:|」と書いたときには、なんのことかすぐには分かりませんでした
「ケロ」のあとの「:|」は、上手く表示できませんが、楽譜の反復記号です。

エレクトーン教室でもらった五線譜のノートがあります。
それに、音符を書き入れて「作曲」もしています

1小節に四分音符が4つ入る―
これを、「はこの中にタンが4つ」と習っています。
タンは四分音符のこと。
「タン、タン、タン、タン」とリズムを取ります。
二分音符なら「ターアン、ターアン」と言います。

この仕組みをきちんと守りながら、楽譜に書き入れる。
デタラメに書き入れているのかと思ったら、そうでもない様子。

大人が弾いてみると、それなりに「曲」になっているのです。
ときどき間違っている箇所もあります。
それを適当に修正して弾いてあげると、大喜び
得意になって「どう? どう?」と何度も聞いてきます。

でも、ちぃ本人には難しすぎて、自分では弾けないのが、ちょっと残念
作曲家は、自分でも弾けない曲を書くものだと聞きますが―
将来は作曲家

このまま見守りたいです

夜更かし…

今日は、いつもお世話になっている小説家の先生の出版記念パーティー

ライフワークとも言うべき大著を書かれていたためか、震災後、一度お会いしたきり。
ようやくお会いできるということで、ちぃも連れて家族でパーティーに参加してきました

でも、パーティーは夜の7時スタート。
ちぃは、いつもなら、夕飯も食べ終わってお風呂に入る頃。
そして9時前後には就寝。

1時間だけでも、と思って参加してきました。

意外にも、ちぃは大人しく、大人のスピーチのときにも騒がずにいられました。

飲み屋さんでのパーティー。
椅子に座って黙々と食べるちぃ。
夕飯が夜7時というので、お腹がぺこぺこだったようです

歌人でもある先生のアイデアで、参加者が短冊に言葉を書くという遊びも。
ちぃは渡された短冊に絵を描き始めてしまいました
それでも、お情けで特別賞をいただきました

9時にお開きとなったパーティー。
すぐに家に帰って、就寝しました

コマ回し

最近、保育園ではコマ回しがブーム
新春らしい風景です。

でも、先月くらいから、ちぃはコマを回せないと家で愚痴を言っていました。
自転車も、水泳も、ブランコも。
いろんなことが「できない」ところからスタートするちぃ。
コマも、家で一緒に練習しないといけないのか と思いました。

あいにく我が家にはコマがない
あわててインターネットで注文したら、子どもには回せないほど大きなサイズのもの。

そのまま忙しさに取り紛れてしまい、コマのことは忘れていました。

そうしたら―
昨日くらいから回る回数が増えたと先生から報告。
そして、今日はトーナメント式でコマ回し大会を行ったら、なんとちぃが優勝
優勝者はもう一人いたようです。

今日のちぃは、コマが回らないということがなく、キレイに回していたそうです。

家で親が見なくても、できるようになるものもあり、ちょっと安心しました

水泳教室の進級

昨日は保育園の発表会のあと、水泳教室にも行きました
疲れているのに、頑張りました。

でも、いつも会うお友達に会っても元気がありません。
疲れているからかと思いましたが―

なんと、珍しく緊張しているらしい
というよりも、怖いようです。

・新しいクラスに進級すると、お友達がいない
・場所も足のつかない深いところになる

この2つがちぃには怖かったらしい。

でも、先に進級したお友達がいるはず。
場所も、ちぃの身長なら足がつくはず。

そう言ってなだめていました。

いざ、始まってみると―
なんと、先に進級したはずのお友達は、さらに上のクラスに進級。
追いついたと思ったのに、追いついてなかった…
でも、ちぃだけが進級したのではなく、ほかにも一緒に進級した子がいました。
その子がいたので、寂しくなかったようです。

次に進級するためには、テストを受けなければなりません。
今度はいつになるのか、楽しみです

やくも公園とブランコ

いつも、ちぃが保育園のみんなとお散歩で行っている、やくも公園へ行ってきました。

実は1〜2年前にも一度、ちぃに案内してもらって行こうとしたことがありました。
でも、路地裏をくねくね曲がって行くので、そのときは途中で分からなくなってしまいました。
今回は、やっと正しく道案内することができました。

我が家からは少し遠い公園で、子どもにとっても公園へ行く道のりが楽しいお散歩になりそう。

公園に着くと、いつもこんなことをして遊んでいるよとお話してくれました。

そして、ブランコが空いていたのでブランコに乗ると言うちぃを見ると―
ブランコが上手くない
なんだかぎこちなく、え、もしかしてブランコできない という感じ。

聞いてみると、やはり、「ブランコのれないの」。

みんなの前でもブランコは避けて通っていたらしい

そう言えば、ずいぶん前にブランコの練習を見たっきり。
しばらく公園へ行かなかったり、行ってもブランコのない公園だったり。
保育園で遊ぶときに自分で乗れるようになっているのかと思っていました。

あわてて特訓開始。
でも、この日だけではマスターしきれず。

また日を改めて練習しようということになりました。

放っておくと、いろんなことができないまま放置されていく我が子。
なんだか他の子よりも手がかかるような気が…
いや、しかし、私も忙しさを理由にあまり目が行っていなかったということかも。
反省、反省です

大雪☆

今日は大雪が降りました

大雪なのに、昨日から約束していたのは映画
こんな寒いなか、足下も危ないなか、出かけたくない…
でも、子どもはそんなことにはお構いなしです。

それほど積もるとは思っていなかった私。
お父さんもそうすればいいよ、と言ってくれたので。
なんと駅まで車で出かけてしまい、後で困ったことに

私とちぃと二人で、仮面ライダーのお正月映画を見てきました。

映画館を出ると、まだ雪は降り続いています。
出かけるときから積もっていましたが、さっきよりも激しく積もっています。

車は動くのだろうか・・・

家の最寄り駅まで戻ってきて、車を停めた駐車場に行ってみると―
車が雪に埋もれて大変なことに

さっきは何台か停まっていた車も、我が家の車しか残っていない。
車の周囲には、10〜20センチは雪が積もっています。
チェーンも付けていない車を動かしたら、明らかに動かなくなりそうな予感。

ちぃと二人で、車の周囲の雪を手と足を使って、雪かき。
駐車場の外の道路まで、タイヤの道筋を付けるように、雪かき。
道路に出てしまえば、ほかの車も走っているので、多少ましです。
雪かきをする後から後から、降り積もってきます。

失敗をやらかしちゃったか と思いました。

恐る恐る車を発進させ、なんとか駐車場を脱出。
家までの短い距離とは言え、人しか通らないような路地も運転しなければなりません。
信号待ちの交差点で全く前へ進まず、その間に雪に埋もれてしまうのではないかと思うほど。
前の車がスリップして、横向きになるのも目撃してしまいました。
怖かったけど、どうにか家までたどり着き、ホッと一安心しました。

車から降りると、ちぃの雪遊びタイム



早速、雪だるま作りスタート
まだ雪が降り続いているなか、ズボンも上着も手袋もビショビショにして熱中しています



二人で、大小2個の雪だるま(小さめ)を作りました。



さらに、ちぃは遊び続け、雪だるまは4つになりました。
顔やボタンもついています。

一時はどうなることかと思いましたが、無事に一日を終えることができました。
大雪は、東京に住む者にとってはちょっとしたハプニングだな、という気がしました

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

お気に入りグッズ

お気に入りグッズ

お気に入りグッズ

お気に入りグッズ

ぽぱーぺ ぽぴぱっぷ
ぽぱーぺ ぽぴぱっぷ (JUGEMレビュー »)
おかざき けんじろう,谷川 俊太郎

お気に入りグッズ

まり
まり (JUGEMレビュー »)
広瀬 弦,谷川 俊太郎

お気に入りグッズ

んぐまーま
んぐまーま (JUGEMレビュー »)
谷川 俊太郎, 大竹 伸朗

お気に入りグッズ

最近の記事

記事の種類

過去の記事

コメント

トラックバック

ブログ内検索

書いてる人

リンク

その他RSSなど

いくつになったの?


*script by KT*

アクセスカウンター

携帯でも

qrcode

ブログ元

無料ブログ作成サービス JUGEM

sponsored links